試験も終わり春休みモードに入った娘が久しぶりに家にいる。
ふだんはめったに家にいることがない母娘なので、自由時間が合致すると
お昼どっかに食べに行こうか?ということになる。(*^^*)

もうずいぶん前から娘が行きたい行きたいと言っていた、
アジアンダイニング「HASU*HA」に行ってきました。
京都府精華町桜が丘にあるのだけれど、ほとんど京都の南のはじっこ、
高の原からほど近いところにあります。

住宅地の中にあって、雰囲気はほとんど南国そのもの。
とっても癒される空間なんです。
表通りの道路からグルリと回りこんで、裏側が入口になっています。
写真を撮ると見上げるようなアングルになっちゃうの。

hasuha

ランチは3種類。 ナシ・ゴレン(インドネシア風焼き飯)、ミー・ゴレン(インドネシア風焼きそば)、
季節野菜のココナッツカレーのセットそれぞれが1000円。
スープとサラダ、えびせん、ドリンクがついてます。
ナシ・ゴレンとミー・ゴレンには「サテ」というインドネシア風焼き鶏が付いています。

ナシ・ゴレンとミー・ゴレンのセットをとって、娘とわたくしは仲間で食べることに。
しかしながら!鶏のダメなわたくしはサテが食べられないので、娘に。
目玉焼きも半熟のものは食べられないので、黄身のところは娘に。

ここへは2回ほど来たことがあるのですが、いつもなら目玉焼きは
しっかり焼いて下さい~とお願いするんです。 でもね、
写真に撮るとブサイクになるから何も言わなかったんです。 で、半熟のまんま。

他に、テンペ・ゴレンという、インドネシアの納豆テンペの唐揚げをたのんでみました。
コチュジャンのような辛いソースを付けて食べるのですが、
タンパク質のカタマリのような感じのものでした。

hasuha2

デザートは200円アップで、自家製キーキかピサン・ゴレンという揚げバナナか
何種類かのアイスクリームの中から選ぶようになっています。
これも娘と仲間で食べました~♪ 
母娘だと、こういうところ遠慮がないからええのよね。

コーヒーの粉に直接お湯を入れて粉が沈んだところろを飲む、
「バリ・コビ」というバリコーヒーを飲みました。 ガムランや太鼓が奏でられる
音楽が流れ、木がふんだんに使われた店内はほとんどバリ島。
外は寒い冬日なのに、南国の雰囲気にとても癒されました。 

hasuha3





 ♪南国の風を感じる冬日中