★眺めのいい部屋☆.。.:*・°

- A Room With a View - リニューアルオープンしました♪

2008年03月

しばらく・・・

ちょいっと忙しくしておりました。(;^_^A 
母のこと、うちのおじいちゃんのこと・・・いやはやダブル介護ですわぁ。

少し前まで、バスツアーなんかでいちんち家を空ける時など
母におじいちゃんの面倒をみてもらい、うちに留守番に来てもらったり
していたのにねぇ、ちょいっとそれどころじゃなくなってきましたよ。

昨年末母の介護認定の申請をしていたんですけど、
ようやく介護1がおりて、ヘルパーさんが入ってくれることになりました。
調理ができにくくなった母に夕食を週3回ほど作りにきてもらうことに。

でもね、忙しくなったのは、介護浸けにならぬようにお昼をはさんで
ほんの3時間ほどお仕事をするようになったのです。
着付けも着付け教室もやらんなあかんのにね。(o^▽^o)ハハハッ 

何も仕事をせんでも~、という感じなんだけれど、
これが結構気晴らし・リフレッシュになってもいるんです。

母のことは、この先どういう状況になってゆくのかわからないけれど、
クヨクヨ考えても仕方ないし、まボチボチやってゆこうと思います。

東山花灯路とか行って来たのに、ブログもぜんぜん書いてませんでしたねぇ。
また、ボチボチと♪ (^-^)vブィ!


♪忙しくて顔をあげれば春来てた

卒業おめでとう♪

この春息子は大学を卒業。
自宅からはちょっと遠い通学であったけれど毎日通い続けたね。
卒業といってもそのまま大学院に進むので、卒業の次の日からも
毎日毎日研究室に行っていますが。(;^_^A 

これまでの道は、必ずしも順風満帆ではなかったのですよ。
高校受験を失敗し、滑り止めで受けたはずの私立高校へ。
私学からやったら、受験体制も万全やからストレートで大学へ、と思いきや
センター試験ではアタマん中が真っ白?で失敗しちゃって浪人生活突入。

挫折を味わってきたのは本人ですが、親をヤキモキさせる以外は
ほんま手のかからない子でしたね。
受験の手続きや予備校の手続き、何でも自分でやる子だったので
親はお金を出す以外の動作をほどんどしていません。

浪人が決まった時にも、親に負担をかけまいと予備校試験を2回も受けて
一番安いお金で行ける特待生を取ってきましたね。
予備校は天王寺でしたが、通っていた一年間は駅の横にある予備校の建物と
家の往復のみ、付近の建物もなぁんも知らんというストイックぶり。(笑)

大学の入学式には行ったけれど、卒業式は親はビデオで卒業式の模様を見るだけ
やから来んでもええよ~、と行っていません。
就職をしないで大学院に進むのは余分やからと、自分で手続きをして
無利子の一種奨学金も取ってきてくれてほんま助かります。(;^_^A

大学の4年間、家から遠いし飲み会のたんびに終電、バスもなくなり
よく駅まで迎えに行きましたが、そんなことをしてやるのがちょっと嬉しくもあったの。
まだこれから2年の大学生活だけれど、体に気を付けて頑張って欲しいと母は思います。
卒業おめでとう~♪ ☆;:*:;☆;:*:;☆"Congratulations"☆;:*:;☆;:*:;☆
  
f6122913.jpg


あ、もう一人忘れておりましたわ。
わが家の娘も、この春無事高校卒業、こちらの方は何の苦労もせずに
そのまんま内部進学で大学にあがりました。(*^^*)
息子ほどコンジョウもアタマもないもんで、
それなりに大学生活を送ってくれたらええかな、と思っています。
☆;:*:;☆;:*:;☆"Congratulations"☆;:*:;☆;:*:;☆


♪進学のわが子にエールを送りたい

「庵」ランチ♪

5年ほど前に初めて「庵」に行って以来、
その隠れ家的な素敵な雰囲気と、美味しいお料理のファンなんです。
今回はちょっと久しぶりの新和風創作料理 「庵」

27196a78.jpg


昨年春頃、オーダーバイキングというのをやっていて、それに
友達を連れて行ってあげようと思っていたのに、もう今はしていないとのこと。
今日は6人で出かけ、お昼の小会席2500円を戴きました。

*前菜 *椀物 *お造里 *揚げ物 *焼物 
*食事 *赤出汁 *香の物 *デザート


ランチのあとの珈琲は250円で付けてもらえます。
お料理はどれも熱々で、見た目も美しくとても美味しかったです♪(*^^*)

21b97c05.jpg


c28265b9.jpg


上本町駅から上町筋を北に、信号二つ目を右折しふた筋行くと創価学会別館が
あるのですが、その斜め向いくらいにあります。
入り口の大きな提灯が目印。
古い民家を利用した中は、大小の個室があってどの部屋もとてもいい雰囲気。
夜には中庭の篝火が焚かれて、いっそう幽玄な感じになるのでしょうね。

今回わたくしは着付け教室から直接行ったので
一人だけ着物姿だったのですが、古い家にはよう映えたかもしれません。(;^_^A 


♪隠れ家のランチ和服がよく映える

満開の追分梅林

今年追分梅林に行ったのは 先週の木曜日 だったけれど、
満開の追分がどうしても見たくて行ってきた。

今日はおじいちゃんの診察日だったのだけれど、ここしばらくの腰痛で
本人を病院に連れて行けなくて、薬だけをもらいに病院に行った。
投薬のみでも一応診察室でおじいちゃんの様子などを話さなければ
処方してもらえないので、時間はいつもの検診ほどにかかるのだ。

会計を待つ時間もいつものとおり4、50分はかかる・・・。
で、その待ち時間を使って病院から追分梅林へ往復して来ようと、思い立ったの。
阪奈道路生駒ICから富雄三碓みつがらすICまで車を飛ばす。
病院から13分ほどで追分梅林へ到着。

07eb6511.jpg


とてもとても見たかった、ボワァ~っと一面に咲いた梅が目の前に広がる。
まるでエアーブラシでアンティークホワイトの色を吹き付けたように・・・。
満開の梅が鼻腔をくすぐり、むせ返るようにかぐわしい。

この満開の時を待っていたかのような人出ではあったけれど。
梅の木の下は、お弁当を広げたりのんびり梅見をする人でいっぱい。
写真は人物をはずして写しているので人の多さはわからないけれどね。

4b773fde.jpg


追分梅林は、白梅の数のほうが圧倒的に多いけれど、
ピンク色の梅もとてもきれいで可憐な感じがする。
ちょうど1週間前の木曜日には、蕾んでいた花も一斉に開いたようだ。

かぐわしい梅の香の中にいると、ジワァ~っと春の息吹を感じる。
なんでこんなに梅が見たいのだろう?
桜よりも梅の花により魅かれるのよねぇ。

春まっさかりの桜が人を惹きつけるのはしごく当たり前だけれど、
春を告げるような梅の優しさ、清楚さがとても好き。
まだまだ浅い春の頃から、出番をジッと待つように耐えていた健気さがいいのだ。

118acb07.jpg


♪かぐわしい梅が優しく春告げる

陽春の大阪城梅林

前述、母と「四国うどん」でランチをしたあと、
さて、梅を観に枚岡梅林にでも行きましょうかということになった。
それもいいけれど、ちょっと足を伸ばして大阪城梅林へ行くことに。

例年だと、もうとっくに梅の盛りを過ぎている時期。
今年は今頃が満開かもしれないなぁ~♪と期待に胸をふくらませて。
わたくしはここ数年で何度も来ているのだけれど、
母はもう何十年と来ていないという。

昨年は、母をそして車椅子ごとうちのおじいちゃんを連れて万博公園の梅林に
出かけたけれど、おじいちゃんは腰痛がひどいので連れて行けない。
こんな暖かい日に、梅見物に連れて行ってあげるととても喜ぶのになぁ、と残念。

dd6b7217.jpg


今日の大阪は最高気温が20.7℃とこの春一番の陽気。
車を大阪城のすぐ北側のIMPビルのパーキングに入れて、梅林までの道を歩く。
陽気に誘われて、梅見客の何と多いこと。

大阪城梅林の最も素敵なところは、梅林から天守閣が眺められるというところだ。
すぐ北にはIMPビルや松下ビルの高層ビル群、そんなロケーションが結構ピタリとくる。

f8239ef3.jpg


梅林に足を踏み入れると、かぐわしい梅の香り。
梅林の中の小道の散策はウキウキしてきちゃう。
こんな陽気だと梅木の中、枝には夥しいほどの小鳥が遊んでいるのだけれど、
あまりの人の多さに小鳥たちもビックリして潜んでいるのか姿はあまり見られない。

e4fd3f2d.jpg


枝の先々まで、びっしりと花が咲きそろっていた。
早咲きの梅、遅咲きの梅があるから長いこと梅を楽しむことができるのね。
下の写真は、一つの絵の中で白・ピンク・紅の梅木が眺められるところ。

de85d1c3.jpg


梅林から大川を渡ったIMPビルのすぐ脇には、イオン化粧品「シアターBRABA」がある。
そのまたお隣のIMPビルのグロリアジーンズ・コーヒーで母とお茶をして帰ることに。
気持ちの良い陽気なので、テラスの方で温かいものではなく、アイスのコーヒーラテを。
ここからもまた大阪城天守閣が見えてとても素敵なの。(*^^*)

ed3adbb4.jpg


♪梅陽気コーヒーラテと天守閣

-天気予報コム-
記事検索
お買いもの
  • ライブドアブログ