★眺めのいい部屋☆.。.:*・°

- A Room With a View - リニューアルオープンしました♪

2007年04月

いちょう祭へ

毎年の春の学祭通いももう4度目になる。
それも毎年母を連れてゆくことにしている。(*^^*)
春はいちょう祭、秋は待兼まちかね祭と二回学祭があるけれど、
いちょう祭にしか行ったことがない。

もう子どもが4回生になるのかと思うとあっと言う間だったような感じ。
それだけこちらも年を取っているわけだけれど。(;^_^A
毎年おんなじように同じ門から入り、おんなじツツジの植え込みを愛でる。
阪急石橋駅側から行くので、ここから入るわけなんだけれど、
よく考えたら、正門から入ったことがなく正門を見たこともないのよね。(;^_^A 

しかし、毎年おんなじような日取りに行われる学祭におんなじ
サツキの植え込みを眺めることはちょいと楽しみでもある。
咲き具合がどんなものか??というワクワク感があるからだ。
肝心のマジックショーを観るよりも?(((爆)))

上が今日撮影したもので、下の写真は去年のもの。
これだけでも、こんなに違うでしょう。
今年は咲いていないのではなく、もう真赤なツツジは花が終わったようだった。

4c1a9d9e.jpg


4f424a22.jpg



次の写真はもっと顕著。
ほぼおんなじ眺めを撮っているのだけれど上が今日の撮影で、
下のものは一昨年つまり2005年に訪れた時のもの。
この年は、あまりの美しさにしばらくこの眺めの前に佇んだものだった。

通う学生達は毎日見ているのだから何気にスルーしているかもしれないけれど、
一年にたった一回しか来ないものだから、このツツジの植え込みがどうであるか、
ということは非常に重要なことなのよねぇ。

21b9dd47.jpg



帰り道に見た光景だけれど、古い食堂が阪急石橋駅に至る阪大下交差点のそばにあった。
入り口の古びたガラスに、「二升五合 憩食堂」とある。
時代がかった食堂、付近には今風のお洒落な飲食店が増える中そこだけが
取り残されたような感じだった。

ひょっとしたら、今の学生の親の時代、あるいはもっとさかのぼって
団塊の世代が学生だった頃にこの憩食堂は全盛期だったのだろう。
長いながい間、学生達に安くて大盛りのご飯を与え続けてきたのだろうなぁ。

とても興味を引かれたので、ちょっと検索してみたら、
ここの食堂に通ったという記述が出てきた。
創業50年以上だとも・・・ 何とも歴史ある食堂なのである。
こういうノスタルジックなレトロさが、とても好きだ。v(=∩_∩=)

そういう意味で、周りに美しい建物ができても何十年も取り壊されることなくある
ここの大学の学生会館が健在なのはとても喜ばしい。

664cebcc.jpg


♪躑躅咲く初夏の陽気のいちょう祭

たけのこ三昧♪

ほぼ毎日のように、筍を食べている。 
出始めの頃は、大事に食べていたけれど、この頃はもう
あっちこっちから、掘り立てのもの、湯がいたものをもらうので、
いつも冷蔵庫に入っている感じ。

筍ご飯、若布と炊き合わせ、木の芽和え、天ぷら、中華風炒めもの、
あれやこれやと食べてみたけれど、そろそろネタ切れだなぁ、と言いながら
大好きなので飽きずに食べている。(;^_^A 

下写真左は、たけのこの穂先ではなく下のほうのところを薄く切って
牛肉と炒め炊きにしてちょっとトロミをつけたもの。
ガジガジととっても美味しいの。(*^o^*)y

d6cc359a.jpg


♪ええかげん飽きたと言い言いまた食べる

葵亭のランチ♪

葵亭のランチ♪ というのは、うちのお昼ご飯。
毎日のご飯も、ちょっと小ぎれいに盛り付けてみると、ランチ♪
みたいになるかなぁ、と時々こうやってきちんと並べてみたりする。

でも、お昼ご飯に一からこしらえるということはほとんどなくて、
たいがいは、前夜の残り物。(;^_^A 
たけのこの煮物と牛肉と炒め煮は、朝たけのこを下ゆでしたので
その続きに炊いたのだけれど。

って、並べてはみたけれど、こんなにたくさんは食べられない。(笑)
かくて、半分はおじいちゃんのお昼ご飯のトレイに乗せて、わたくし自身はというと
サラダとおみそ汁、漬物とご飯くらいがあればお昼はすませられる。(;^_^A 


b24487f1.jpg


*筍と牛肉の炒め煮
*筍若布の炊き合わせ
*ハモの照焼き・かぼちゃ煮物
*クリームチーズ入りサラダ、生パイナップル
*大根とワカメのみそ汁
*沢庵
*ご飯

♪家ご飯きちんと並べランチ風

お気に入りの器

昨日滝谷に行った時に、お土産物屋さんで見つけてきた器。
あまりに素敵だったので、2個だけ買って来た。

1個が400円、どうせなら5客まとめて買えばよいのだけれど、
少し前、同じような器を5客揃いで友達にもらったのがあるのでちょっと
気分を変えるのに、普段づかいに、と買ってみたの。

下の赤絵のものよりも少しだけ大ぶり、でも周りの青い柄が中にも描かれている。
ゴテゴテしているようで、青の絵付けがすっきり見える。

和え物などをほんのぽっちり盛るのもよし、
蕎麦や素麺のつゆを入れて使ってもいい感じ。
ちょっと気に入っている。(*^^*)

ああ、こんなに気に入るのならやはりあと3客買ってくればよかった~♪
これは柄が違うのもいくつかあったのだ。

58d5b589.jpg



昔、瀬戸物屋さんをやっていたという友達がくれたのがこの赤絵の器。
瀬戸物屋は廃業したけれど、器の類は倉庫に残してあるそうで、
その中からよかったら使ってちょうだいと、もらったもの。

これは見た目にもきれいなので、普段づかいの食器棚にではなく
ディスプレイ用のサイドボードの中に飾っている。(;^_^A 

おんなじものをもう一人の友達も5客もらって、これをくれた友達のところにも
あと5客あるそうなので、多人数が集まる集いには
総動員して使いましょうよ、ということになっているの。(*^o^*)y

少し前、 お花見宴会 をした時に、これに白和えを盛ったらとても映えたので
これもとても気に入っている。
なんでもない料理でも、これに盛るとちょっと見映えがするので、嬉しい。
料理のウデの足らぬところを、カバーしてくれて余りあるというわけだ。(笑)

993058c3.jpg


♪お気に入り器で料理別嬪さん

芝桜を見せに

4月も中旬になって花曇り花寒の日が続いたけれど、今日は朝から良い天気。
ねぇ、今日は体の調子はどう? どっかが痛いことない?
どこかへ行きたい? お花を見に連れて行ってあげようか?
続けざまにおじいちゃんに訊ねる。(;^_^A

こないだから 「花の郷 滝谷」 のパンフレットの美しい芝桜を見ていて
観にいきたいなぁと思っていて、暖かい春日だとお出かけ虫もウズウズしちゃうのだ。
おじいちゃんは、行く行く~♪と言うので早速段取りを。(*^^*)
2月の梅見物の時と同じように、母を連れ、そしてまた友達に声をかけると
一緒に行ってくれることになって11時頃から出かけた。

名阪国道は西名阪道路の延長のようなものだけれど一般国道。
天理から乗れば通行料はかからないのだけれど、少しでも年寄りにラクなようにと
行きも帰りも郡山IC経由で行く。

一般国道だけれど、山間を抜ける為大きなカーブが続く道は運転していて面白い。
しかし往路は登り道になっているから、さすがに4人も乗っているとわたくしの
愛車ダイハツ・ムーヴではスピードが出ない~♪
まぁ、高速道路じゃあるまいし速度制限は60キロなのでボチボチ・・・d(^-^)ネ!
針ICで降りるとすぐ横に道の駅 「針テラス」 がある。

3f2c4226.jpg


12時を回っていたので滝谷ではなくここでお昼ご飯を食べましょうよということに。
平日だけれど、500台収容のパーキングはいっぱいだった。(;^_^A 
左が三輪山本のミニにゅうめんの付いた大和肉鶏の釜飯、
右は三輪山本のにゅうめんとにぎり寿司3個がセットになった大和路セット。

針テラスから、滝谷までは25分くらい。
電車で来るとなると近鉄の三本松という駅からバスで行くことになる。
三本松の駅のすぐそばに、「宇陀路室生」という大きな道の駅があって、そこからは3分ほど。

少し行くと左手にあと花の郷滝谷1キロの看板があり、
年間を通じて見られる花の案内板がある。
「滝谷花しょうぶ園」というのが通称であるように、ここは6月の花しょうぶがもっとも有名なの。

名残の八重桜並木を抜けると花の郷「滝谷」のアーチが出迎えてくれる。
ここから滝谷花しょうぶ園までの道はあじさいロードと呼ばれるぐらい
6月になるとびっしりの紫陽花に彩られる。

628967d3.jpg


花しょうぶの時期に何度か来ているからわかってはいたけれど、
ここは車椅子の来園者にはあまり優しい場所ではない。
一山全部が花の郷という風情なので、段差のあるところ、
細い通路や坂がたくさんあって、車椅子の見学者はちょっとタイヘンだ。(;^_^A 
おまけに園内はいたるところにたっぷりの砂利が敷いてあって、
車椅子の車輪が食い込んでしまい押すのにとても骨が折れた。

b285d7a2.jpg


肝心の芝ざくら園への道には石の段が何段かあって、
残念だけれどおじいちゃんをそばまで連れてゆくことができなかった。
おじいちゃんは、ここでも遠目で花は見られるし
待っているからお前たちだけで見ておいでと言ったの。
じゃぁ私もここでおじいちゃんと待っているから行ってきて、と今度は母が言う。

ダイジョウブよ、バギーに乗せた幼子じゃあるまいし、と今度はわたくしが言った。
少しの間待っていて、すぐに戻るからね、とわたくしが行きかけると、
友達がおじいちゃんにわたくしの日傘を差し出しておじいちゃんに話しかけた。
おじいちゃん、犬がそばに寄ってきたらこれで追い払うといいよ。
素手よりも、武器?を持っているとアンシンでしょう。

こんなところに、犬がいるはずないやんか~♪(;^_^A と今度はわたくしが言う。
友達のこのユニークさを夜連れ合いに話すと、もう大笑いされてとても受けた。(笑)
この友達にもおじいちゃんほど高齢の介護の両親がいるから、年寄りにはとても優しいの。

滝谷の 芝ざくら園 は4月21日からとのことだけれど、
まだ少し早かったようで、びっしり敷き詰められた芝ざくらの絨毯は見られなかった。
でも、優しい色合い、可愛らしい花はとてもきれいだった。(*^^*)

40cffcb8.jpg


平日だからか、ちょうど桜の時期が終わったばかりだからか、園内はとても空いていた。
枝垂れ桜をほんの少し残して、テッセンはまだ、花しょうぶはまだ、芝ざくらもまだ少し早い感じ。
でもそれだからか、園内はとてものどかに春風がそよぎ渡りゆっくり時間が流れる感じ。
芝ざくらが満開となるGWの頃だと人だらけでとても喧騒、
こうはいかないだろうな、とかえって今の静けさ長閑さを楽しんだ。

花しょうぶが咲き誇る6月を前に、花しょうぶ園では出番待ちといった感じの花しょうぶ園。
600種類100万本の花しょうぶがあるらしくて、奈良でも一番ではないかと思うほど。
昨年は来る機会を逃してしまったけれど、一昨年は二度も来ちゃったほどなのだもの。(;^_^A 

74430fb2.jpg


今が盛りという花が少なくて、しかもパンフレットにあるような花絨毯の芝ざくらを
おじいちゃんに見せられなかったけれど、
シャクナゲの優しいピンク色、ハナミズキのお姉さんっぽいサーモンピンク色、
山吹の元気がでるような黄色、
園内では優しい色をたくさん見つけることができた。(*^o^*)y
うちにある年代モノのシャクナゲは枯れかけ寸前だけれど、このきれいなシャクナゲは
車椅子目線のおじいちゃんを喜ばせてくれた。

神経も遣い帰って来てドッと疲れたけれど、元気なわたくし達よりもほんとは
おじいちゃんが気ィも体も疲れているに違いない。
あぁ~連れてってもろぅてホンマ良かったな~楽しかったな~、って
言ってくれるのでわたくし達が救われている。(*^o^*)y

91839a80.jpg


♪はじまりは淡い桃色芝ざくら

-天気予報コム-
記事検索
お買いもの
  • ライブドアブログ