★眺めのいい部屋☆.。.:*・°

- A Room With a View - リニューアルオープンしました♪

2005年04月

天使の時計

ヘレン・バリックの作品を時計に描く、直径35cm.のひまわり型
木皿に穴を開け時計を取り付けてある。
題材は、三日月と天使。
天真爛漫な天使の子、肌のやわらかさ、ふっくらとした感じを
シェイドとハイライトを何度も重ねていれ、
あらわすのに苦心。

06b87f73.jpg


この絵はかなり気に入っていて、同じものをスツールにも描く。
スツールは無塗装組み立て式で、
ホームセンターで安価で手に入れる。
脚部分は、ステイン地にし、油絵の具で濃淡のぼかしを入れ、
アンティーク仕上げにしてある。
便利重宝なスツール、今はパソコンの椅子として使っている。

1233e064.jpg

「福」お題川柳より♪

♪幸福は己が心の決めること  ロンサム

まったく、そのとおりですね。 人間はみ~んな違う、人それぞれ幸福の物指しが違うのだなぁ。 幸福すぎて自分の幸福さ加減がわからない人だっているだろう。 多くの人は己が幸福に気が付かず不平不満の鐘を(¬ε¬)ぶぅ・・・と鳴らす。 もっともっと、なんて欲張らなくてもいい。 小さなささやかな幸せ、それが大切だなぁ。*^-^*

♪みな違う不幸幸福さじ加減

ルビーは嫌よ

♪ルビーは嫌よダイヤじゃなけりゃ 気儘なお前可愛くて

d1898048.jpg

旅さん作成

揺蕩いて(たゆたいて)

♪揺蕩いて見つめる心に恋ありき

d94f1193.jpg

旅さん作成

痛い・・・・・・

穏やかに日々を暮らしていても、一瞬も気が休まることがない。 痛い・・・という言葉を聞いた時などだ。 首に痛みを感じる時、手術をした足の付け根が痛む時、もう身の置き所がないくらい痛い・・・と年寄りは訴える。 あんまり常習にしたくない鎮痛剤をのませる。 痛いから痛い、というのは当たり前のことだけれど、それを聞くのは結構辛いものがある。 普段バランスをとりながら、互いにストレスがたまらないように、外出ばかりをしていても、始終気になるのだ。 

そういうのが介護なのだから、仕方ないといえば仕方ない。 家にいる時は、何をしていても廊下を隔てたところにいるおじいちゃんの気配に自然耳をそばだてている。 用があって呼ばれた時、どこかが痛い時など瞬時にしてかけつけているのである。 夜など、今おじいちゃん呼んだよね?と慌てて覗きにゆく。 あ、呼んでなかったわ、空耳だったみたいね*^-^*、と戻ってくる。 それを見ていた連れ合いは、そんなに神経を立てていたらお前も太られへんはずやなぁ、ととっても可哀そがる。 

痛いのをどうにもできなくて、ほんとに可哀想なのはおじいちゃんなのだから、仕方ない。(*ー.ー*)

♪痛くないことが心の安寧だ

-天気予報コム-
記事検索
お買いもの
  • ライブドアブログ