★眺めのいい部屋☆.。.:*・°

- A Room With a View - リニューアルオープンしました♪

お寒いですね

2017年如月、いつまでも寒い日が続いています。
月日が経つのはなんでこんなにも早いのでしょう。
毎日毎日仕事に追われながらの日々を過ごしていました。
ここにあれやこれやと綴っていた日々が懐かしいなぁ。

 ♪矢の如く過ぎゆきた日々懐かしい

葉月8月2013

暑い暑い葉月8月。
そして今は2013年、長い長いお散歩から帰って来た気分です。
(o^▽^o) ハハハッ 長いことほったらかしにしていたもんですねぇ。
一度離れてしまうと、なかなかこのブログにも戻れなかった・・・・・・。

PCのデスクトップの「眺めのいい部屋」のアイコンをついついクリック。
思わず懐かしくなって、自分の過去ログをしばし眺めていました。
また、帰って来れるといいね。


♪おやまあとしばし過去ログ覗き見る 

名古屋へ


名古屋へ行ってきました。
なんで名古屋やねん?
実は実は・・・ 6月からこっち、大衆演劇にハマってますねん。
ギャハハハハ~♪ (o*≧∇≦)o

毎月のように、えっちらおっちら芝居小屋(劇場、というより
こんな言い方がぴったりなんだな)に足を運んでいます。
一番最初に観たのが岐阜柳ケ瀬にある「豊富座」での大衆演劇。
最初に観たのが、とても良かったのでしょう。
その劇団がとても好きになり、すんなりとご贔屓劇団になったわけです。

7月には、神戸新開地にある「新開地劇場」で観劇。
8月には、大阪「ワッハ上方」で行われた若手座長のユニットである
「シリウス」の公演を観てきました。 なかなかチケットが取れないところ、
おんなじようにハマっちゃった友達が苦心してチケットをゲットしてくれて。

9月は、奈良県大和高田市にある「弁天座」に、小林真劇団を、
10月はじめには、大阪「八尾グランドホテル」の劇場に、「シリウス」の
メンバーである近江飛龍劇団の近江飛龍を観劇に行きました。
まだまだひよっこの大衆演劇ファンなので、いろんな劇団を
観てみようと、機会があれば観に出かけているんです。
10月半ばには、やはり「弁天座」に里見要次郎の劇団を観に。

で、本題の名古屋。 名古屋なんて遠いし、おいそれと行けないわ。
と、ご贔屓劇団の活躍を遠い空の下から応援していたんです。
でも、「シリウス」メンバーの大川良太郎が20日特別出演するというので、
えいやっ、と観劇に行く決断をしたというわけ。

8時半京都発の新幹線に乗れば、10時には名古屋の
「鈴蘭南座」に着ける。 そして、当日売りのチケット購入ができる。
予約が完売していたので、とにかく早く行かなくっちゃ、とね。
早いナンバーの整理券を手に入れ、めでたく観劇の運びに。

いやぁ~、遠いところを出かけてきた甲斐がありましたわ。
とてもとてもとても感激の観劇となりました。
築50年という、「鈴蘭南座」は、ほんま古い芝居小屋といった
感じなのですが、その古さが、狭さがまたいいんです。
畳に座布団を敷いての観劇なんですよ。

suzurann

大衆演劇は着物を着て観劇、と自分の中で決めているので
椅子ではない座布団席での観劇はちょいっとタイヘンでしたけど、
あっと言う間の3時間が過ぎゆきました。
観劇後は、送り出しといって役者さんがお見送りをしてくれます。

はいさいなら、とすぐに帰るはずはありません。(笑)
帰りがたく帰りがたく、いっしょにツーショット写真を撮ってもらったり、
お話をさせてもらったり、夢のような時間です。
役者さんとの距離が近い・・・こういった庶民性も
大衆演劇の魅力なのでしょうね。 

9月はじめ、京都南座に海老蔵の歌舞伎を観に行きました。
10月には、上本町に移転した、新歌舞伎座にGacktの
「眠狂四郎無頼控」を観てきました。
それはそれは素晴らしい舞台で、大感激でした。
チケットが1万も2万もするという大舞台です。

でもね、わたくしにとっては、1300円とか1700円といった安価で
観られる大衆演劇も、何万円もする観劇も価値はおんなじです。
きれいなものはきれいし、力の入った芝居はおんなじように素晴らしい。
というわけで、まだまだ大衆演劇熱は冷めそうにありません。(;^_^A 

そうそう、行きは「のぞみ」でたった35分。
でも、帰りはこれもとても乗りたかった近鉄特急「アーバンライナー」で
ゆっくり帰ってきました。 名古屋といえばはずせない、名物
「あつた蓬莱軒」の「ひつまぶし」もちゃぁんと食べてきました~♪

♪足繁く通う観劇秋最中

飛鳥の彼岸花♪

半年・・・・・・
ずっと更新もしないままにもう半年も経っちゃったんですね。
春が行き初夏を迎え、とんでもなく暑い猛暑となり、
ようやく、人心地がつくような初秋となりました。(;^_^A
(o^▽^o) ハハハッ、端折りすぎやっちゅ~ねん。

何かと忙しく・・・と言えばおしまいなんですけれど、
元来の飽き性がここにきて首をもたげ、
ブログを書く意欲を失ってしまっていたんです。

今日、秋を探しに飛鳥の方へ足をのばしたものですから、
ちょこ~っと、チョ~お久しぶりにアップしてみました。(*^^*)

higannbana

車で約1時間、飛鳥の棚田に咲く彼岸花を観てきました。
今年は猛暑のせいか、お彼岸の頃より少し遅れて盛りになったようです。
棚田を緋色に染める彼岸花の中に、白い彼岸花を見つけました。

清々しくて、これもまたきれいなんです。
そういえば、うちにもどういうわけか白い彼岸花があって、
こないだからにょきにょき芽が出たかと思うと、
明日あたり花が咲きそうというところです。

少し盛りを過ぎた萩とこれから盛りになるススキ。
日中はまだ気温が高かったりするのですけど、
秋だなぁ、と感じられる穏やかな日和でした。(*^^*)

higannbana2

飛鳥の夢市、「夢市茶屋」でランチを。
平日の午後1時近くだったにもかかわらず、お席はいっぱいでした。
素朴な旬の素材が使われた古代米御膳1050円を
美味しくいただきました~♪

yumeiti


♪飛鳥路の棚田に健気曼珠沙華

「城南宮」しだれ梅♪

2007年3月2日に行って以来の「城南宮」に行ってきました。
城南宮は結構何度も行っているのですけれど、
この時期の枝垂れ梅がとても素晴らしいのです。

前回もそうでしたが、国道1号線沿いにある「友栄寿司」でランチを。
場所でいうと、八幡市八幡のあたりです。
う~ん、前もおんなじこの蕎麦とにぎりのセットを食べたような・・・。
軽く食べましょうとなると、食べたくなるものって決まってるのよね。

ここの「友栄寿司」の向かい側には、「三田屋本店」やすらぎの郷
くずは店があるのを今まで見過ごしていました。
次回、このあたりで食事をする時にはぜひ三田屋に行きたいな。

tomoe

枝垂れ梅のドンピシャの見頃に訪れるのはほんとむずかしい。
多分、2月の27、28日頃が一番きれいだったのではないか、
と思うほど、このお雛祭りの頃は散り始めの頃なんですよね。

jounanguu1

でもでも、ラストチャンス!とばかりに行ってみると
まだきれいに枝垂れ梅は咲いていました。
地面は、たいがい梅じゅうたんになっていましたけれど。

jounanguu2

風もなく、少しばかり暖かい午後、城南宮の広いお庭を
ゆっくり散策してきました。 枝垂れ柳も芽を吹いて
淡くて優しいみどりがとてもきれい。
苔の庭や池のある回遊式庭園にとても癒されました。

jounanguu3


♪梅の春桃の節句の庭廻り

万博公園梅林散策♪

ハイキング便りをブログ用に再編集。

弥生3月に入り寒さもやわらいだようで、
ようやく春の兆しが見え始めてきました。
まだかまだかと待ち望んだ春が近付きつつある3月2日(火)、
万博記念公園自然文化園にある梅林に行ってきました~♪

先月の飛鳥散策に引き続き、参加者は9名と少なかったのですが、
昨夜の雨にもかかわらずお天気は回復し、
とても楽しい梅散策ができました。 大きなしだれ梅の前の
集合写真のわたくし達はちょっぴり春の装いです。

ume1

当地を8:48出発、地下鉄中央線にて谷町4丁目まで行き、そこから
谷町線に乗り換え、終点ひとつ手前の大日だいにちで降りました。 
大日から大阪モノレールに乗車、万博記念公園駅まで行きました。

本町経由で御堂筋線を使い、千里中央駅からモノレールに乗り、
西側から回り込んで万博記念公園駅に行くほうが、
谷町線で行くよりも同じ料金で10分早く到着できるのです。 
それをあえて谷町線を利用し大日から行ったのは、千里中央駅から
乗るよりも(6分)長くモノレールに乗っていられるからでした(15分)。
大阪モノレールに乗るのは初めてなので、とてもめずらしかったんです~♪

万博記念公園駅で降りて、中国自動車道を横切る中央橋を渡り
自然文化園に向かいます。 今からもう40年も前の1970年に、
大阪万博が繰り広げられた万博会場は、自然文化園と日本庭園のある
万博記念公園として残され、人々の憩いの場となっています。 

ひときわ高く威厳をもって佇む太陽の塔は、
時を経てなお大阪のシンボルとして息づいています。
大阪万博開催時もうすでに成人していた人、中学生だった人、
まだ小学生だった人、わたくし達「楽歩友」のメンバーの年齢層も
いろいろですが、今はみ~んな仲良く歩く仲間です。

ume2

さて、万博記念公園には自然文化園と日本庭園にそれぞれ梅林が
あって、2月13日~3月7日まで「万博公園梅まつり」が開催されています。
太陽の広場からすぐ西側に広がるのが自然文化園の梅林。

世界一の梅品種を誇る梅林を目指して、平成10年から新しい
品種の梅を収集しているそうですが、今年は万博開催40周年を
記念し新たに40品種40本の新品種が加わり、自然文化園・
日本庭園合わせて150品種約700本の梅の数だそう。

梅の香りが梅林いっぱいに広がって、満開の白やピンクの梅が
わたくし達を迎えてくれました。 園内には遠足の幼稚園児や
小学生もたくさん、平日であるにもかかわらず、
梅便りに誘われて結構多くの人が訪れていました。

ume3

春の足音をいち早く聞きつけ、じわじわと春のぬくもりを
運んでくれるような梅の花は、とても優しさにあふれているようで素敵。
たわわに、誇らしげに花開く様子はなんて人の心を癒してくれるのでしょう。

一つの枝に白花と紅花がともに咲く花は「思いのまま」というネーミングで
あちこちの梅林で見かけられますが、ここにも白とピンクの花が
一つの枝に美しく咲いた「春日野」という品種の梅がありました。 
しだれ梅は華やかでやはりとても目を引きますね。

 ume4

梅林の中に設けられた小道を散策して歩くのですが、
11時前なのにお腹が空いたわ~♪と誰かが言うと、昼食までの
腹の足しにと、すかさず袋菓子のおかきが回ってきます。(笑)
はいはい、今日は11時を回ったらお弁当にしましょうね。
梅林からはどこからでも遠目に太陽の塔が見えます。

ume5

気温は15℃まで上がって晴れるとの天気予報を信じて、
もこもこのダウンジャケットから春ジャケットへと春の格好をしてきたというのに、
この日は結構肌寒くて日差しが途切れると冷たい風が吹いて
ちょっと寒かったのです。 梅林を後にしてもう少し散策をすることに。 
梅林のすぐ横には竹林があってすっくと伸びて天を仰ぐ青々とした
枝ぶりがとても気持ちがいいですね。 「森の足湯」というのが
あったので、寒いし温まるかも~♪と足湯をしてゆくことに。

ume6

横にずらりと並んで、細長い足湯場にパンツの裾をたくし上げて
足を入れます。 う~ん♪結構熱い! 
目の前にあるタイマーをセットし10分間足湯をしました。 
終える頃には、足はポカポカととても温まりました。 

足湯を終えてそろそろ昼食時間です。  
戸外はちょっと寒かったので、土日にだけ梅製品が
販売されるという休憩室で食べることにしました。 
午後になるといっそう寒くなってきたのですものね。 
最高気温が15℃? ないないない~♪きっと。 (*ー.ー*)

ume7

自然文化園を後にして、わたくし達は日本庭園へと向かいました。
回遊式庭園になっている日本庭園は、寒くなってきたせいか
人影もまばらです。 ここにも小さな梅林があるのですよ。 
紅梅がたくさんあって、満開でした。

 ume8

美しく咲いた「楊貴妃」という品種です。 幾重にも重なった花弁が
とても華やか。 気高く美しい「楊貴妃」を思わせるような、
とてもきれいな梅です。 この時期は椿も咲いているのですが、
ぼとっと落花しているものも多くて、地面を華やかに彩り、
それはそれでまた風情のあるものでした。

ume9

残念なことに、日本庭園の真ん中にある「心地池」は工事の為に
水がほとんど抜かれていて、ちょっと興ざめでした。  
いつもなら池の中を悠々泳いでいるオシドリや水鳥達は、どこへ
行っちゃったのでしょう? 日本庭園の屋内中央休憩所で少し休んだ後、早めではあるけれど万博記念公園を後にして帰路につくことに。

「太陽の塔」のすぐそばを抜け、万博記念公園駅に向かいました。
下真ん中写真は、太陽の塔背面にある「黒い太陽」。 
ちなみに「太陽の塔」は、未来を象徴する頂部の「黄金の顔」、
現在を象徴する正面の「太陽の顔」、過去を象徴する「黒い太陽」から
なっているんです。 作者である岡本太郎氏はすでに故人となっていす。
万博開催から40年経つという、時間の長さが物語れますね。

 ume10

少々寒くはありましたけれど、満開の梅を楽しめた
とても良い梅林散策ができました。 学研北生駒に戻ってきてから、
富雄川沿いに昨年暮れできた「ホットボーイクラブ」でいつものように?
お茶とケーキをして帰ったのは言うまでもありません。 ヾ(〃^∇^;)ノ 
みなさま、【☆;:*:;☆お疲れさま☆;:*:;☆ 】


♪梅の香がそよぐ万博夢の跡

追分梅林雨模様

「春知」でお食事をした後、そこからほど近い
「鬼工房」という焼き物の工房を訪ねたのですが、何ということ!
残念なことにお休みの日のようで、閉まっていました。

以前来たのはずいぶん前のことで、斬新な焼き物の数々に
感激したのですけれど・・・。
鬼鍋?だったかしら、ご飯がとても美味しく炊ける
焼き物の鍋を友達が買ったりしたんです。
とても素朴な土の手触り、そういうものにとても惹かれました。

onikoubou

う~ん、残念だけれど仕方ないわねと、「追分梅林」に向かうことに。
ちょっとぐずぐずしていたお天気は、午後になって雨になっちゃいました。
追分梅林は、ほぼ満開でとてもきれいでしたよ。

小雨程度だったので、周回道をグルリと回って梅を見物。
農業梅林なので、梅の丈はとても低く、白梅が多いんです。
だからなのか全体を見渡すとボヮ~っとアイボリーの絵の具を
置いたような、そんな風景がとても好きなんです。

oiwake

周回道から下りてゆくと、ダチョウがいるんです。
追分には毎年のように梅を観にきますが、数年前初めて
ダチョウを見た時はビックリしましたよ~♪
うっそ~、なんでここにダチョウがいるねん?ってね。

今ではすっかりこの梅林の風景に溶け込んでいるような
ダチョウ達です。 梅の香が広がる梅林の中にいて幸せね。

oiwake2



♪追分は梅の香ほのか雨模様

蕎麦の「春知」へ

梅を求めて、追分梅林に梅散策に。
お天気はあまり良くなかったのですけれどね。
追分梅林からほど近い、暗峠あたりにある
蕎麦の「春知」を久しぶりに訪ねました。

古い民家を利用したこの蕎麦のお店では、蕎麦会席が
食べられたり、蕎麦づくしのお食事が戴けるんです。
以前は、一番お安いコースでも蕎麦チップスから始まり
蕎麦ドレッシングのかかったサラダ、蕎麦ばかりのお食事が
戴けて、それがとても良かったのに・・・。

内容がガラリと変わっちゃっていて、ちょっと残念な気がしました。
一番ビックリしたのは、最後にカフェランチでてくるような
スイーツのディッシュが出てきたこと。(;^_^A
甘いもの好きにはちょうどいいんでしょうけど、
ここは前にあったような蕎麦ゼリーに留めておいて
スイーツ以外のものが充実していたら良かったなぁ~♪

でもね、蕎麦は大好きだし、ここの蕎麦はとても美味しいので、
まあまあ満足して帰りました。 古い民家をほとんど
そのまま利用した、そんな佇まいに癒されるんですよね。 

shunnti2


♪隠れ家は古い民家の蕎麦どころ

生國魂神社「浪漫茶会」

谷町9丁目にある「生國魂神社」いくたまじんじゃ で行われた
「浪漫茶会」に行ってきました。
何年か前に、やはり友達に誘われて以来の「生國魂神社」での茶会。
ちょっと久しぶりで、ちょっと厳かな、早春の茶会は
心を穏やかに、清々しい気分にさせてくれました。

chakai1

この時期はお雛様の時期なのですね。
点心をいただいたホールには、古い古いお雛様が飾られていました。
こじんまりした点心のお食事も、前回来た時とおんなじ。
とても美味しくいただきました~♪(*^^*)

tensin

車で行ったのですが、帰りは高速を使わずに下の道を
タラタラと帰り、スイーツが食べたい!ということで
東大阪吉田にある菓子工房「レジェール」でお茶を。
茶菓子も、点心も食べているのにね。(;^_^A 

cake


♪お出かけはしゃなり着物の茶会行き

長浜「盆梅展」へ

滋賀県長浜市で開かれている「盆梅展」に行ってきました。
「盆梅展」へは、2007年2月にハイキングクラブから出かけて以来です。
2009年秋には「長浜着物大学」で長浜を訪れたり、
長浜の町は大好きなので今回もとても楽しみにしていました。

電車で行くのも結構時間がかかるのです。 で、今回は5人で車で出かけることに。 
高速のインターからインターまで、約1時間40分ほどの快適な車の旅でした。 
運転、は5人の中で一番若いσ(^^* アタシ 車は大好きですから、苦になりません。

長浜市内のPに車を入れ、まずは「慶雲館」という明治時代からの建物で
開催されている「盆梅展」の見学。 わたくし達は、長浜盆梅パスポートというのを
1000円で購入しました。 これがあると盆梅展を見て、あと市内の
指定観光スポット4箇所をめぐれるというお得なもの。

bonbai1

盆梅展は1月20日から開催されているのですが、会期中約300鉢の盆梅が
入れ替えられて展示されるんです。 なので、いつ行っても花の良い時を
見られるはずなのですが、満開を過ぎたもの、まだつぼんでいるものが
結構多くてちょっと残念。

しかし、盆梅中最高齢の樹齢400年という「不老」という梅木は健在で、
美しく花を開かせていました。 太い枯れ木のような木の先に可憐な
かわいらしい花が咲いているのはいつ見てもとても不思議。

bonbai2

盆梅展を観終わって、お腹が空いた~♪と、長浜の街へ。
以前行ったことのある「茂美志屋」もみじや、の名物のっぺいうどんが
食べたかったのですが、残念ながら定休日でお休みのよう。

北国街道沿いにある「翼果楼」よかろう、という名物焼きさばそうめんを食べました。
行きあたりばったりに入ったこの店は「茂美志屋」の姉妹店のようでした。
古い建物、何十年も営業している老舗の感じがとても素敵でした。
骨まで食べられる焼きさばののった、味付けされているそうめんがとても美味しい。
定食ものなので、やはり名物の焼きさば寿司も付いていました。

yokarou

お腹がいっぱいになると、長浜の街を散策。 長浜の街は北国街道沿いに、
明治時代の建物を利用した、ガラスを題材にした展示即売店、美術館、工房、
飲食店、土産物店など、30余りの店舗が「黒壁スクエア」に軒を連ねています。

そして、大手門通りはじめ各通りには地元の商店街がずらりと並んでいて、
とても活気があるのです。 平日だというのに、観光客でいっぱい。
長浜の町は、町興しが成功した例として全国から注目を浴びているんですよ。
活気にあふれていて、古いものと新しいもの、モダンなものが入り混じっていて
とてもいい雰囲気を作っています。

「黒壁ガラス館」はいつ来てもとても素敵。 まばゆいばかりのガラス工芸の
輝きにとても魅了されます。 盆梅展の時期はちょうどお雛祭りの頃でも
あるので、ガラスのお雛様の展示もたくさん見かけられました。
あっちウロウロこっちウロウロ、5人連れのこじんまりのグループですが、なかなか
さっさかさっさかと観光できません~♪(;^_^A ハイっ、次行くわよ~、
時間なくなるし・・・ ヾ(〃^∇^;)ノ

kurokabe

黒壁美術館は、ハイキングクラブから長浜に来た時はスルーして入らずじまいだったので、
今回はゆっくり見学できてとても良かった~♪ 古い建物や蔵に、斬新でモダンな
ガラスアートが展示されていて、これまたとても素敵でした。

daituji

大通寺は「あせび寺」とも言われ、どっしりとしたとても風格のある寺。
盆梅の頃、「馬酔木展」が開催されています。
とても大きな鉢に古木のような馬酔木、古木の先にはびっしりと馬酔木の花が
開いていました。 白いものやうすいピンク色のもの、ほんとかわいらしい花です。

cafepact

ハイキングで来た時もそうでしたが、町をウロウロしているとお茶休憩をしましょう、
ということになるの。 それで、以前も来たことのある「カフェパクト」で休憩。
ここのチーズケーキがとても美味しくてきれいだったものだから、芸がないというか、
今回もおんなじものを食べました。 

ekibenn

滋賀県の米原にとても美味しい駅弁屋さんがあって、滋賀県に来た時には
買って帰りたくなるんです。 前に電車で来た時には、米原駅での4分間の
停車時間に電車のホームにまで配達してもらったことを思い出します。
その時はわたくし達20人の団体が40個もお弁当を購入したものでした。

今回は、神田PAだったら配達しますよとのことだったので、「近江牛大入飯」と、
「湖北のおはなし」という駅弁を持ってきてもらいました。
たった12個ほどだったのに、わざわざ届けてくれてお弁当屋さんに感謝です。
お天気にめぐまれ、とても楽しい珍道中の長浜の旅から無事戻ってきました。



♪盆梅と目文字ふたたび長浜の


		

-天気予報コム-
記事検索
お買いもの
  • ライブドアブログ